借金問題 解決策

借金問題の解決策はあるのか

 

借金に押しつぶされそう

 

借金の返済に困っている、返済がきつくて生活が苦しい、もう返せなくなり滞納している、これらの借金問題で苦しんでいる方はとても多いのです。

 

借金問題を解決策は簡単ではなく、借金生活から脱出することは難しいと言われます。

 

まずはそれらの返済資金がないから困っているわけであり、病気を治療するようにはいかないのです。

 

しかし、どうしても返済できないなら債務整理という方法もあります。

 

借りてないのに増え続ける借金の原因

 

借金は放置していると自己増殖します。追加借入がなくても自然と増えるのです。どうしてでしょうか。

 

借金が増え続ける原因として挙げられるのが利息の存在です。

 

消費者金融のカードローンであれば、年利18%と結構高利率なので支払ができないと借金の残額はドンドンと増えます。

 

また、消費者金融などのカードローンは最低返済額を決めていますが、その金額は利息を回収できる金額に過ぎません。

 

つまり、最低返済額を返済していても肝心な借金は減らないのです。

 

もし、何らかの事情で返済が滞ると利息が積み上がり、追加の借入をしていないにも関わらず借金残額が増加してしまいます。

 

利息以上に返さないと減りません

 

つまり、借金問題を解決するためには返済額を多くする必要があります。

 

消費者金融などが指定する最低支払額だけでなく、もっと多い金額を返済することで始めて借金残額が減り始めるのです。

 

よく「言われた金額はきちんと返しているのに」と嘆く人が多いようですが、それは「返している」というより「利息を支払っている」だけに過ぎません。

 

借金問題を解決するためには、もっと返済しなければいけないわけです。

 

まず借金を返済するための手段を考える

 

なんとか返すお金を手に入れたい

 

ここまで読んでいただければお分かりでしょうが、借金問題を解決するためには返済を加速する必要があります。

 

もっとも、それは難しいでしょう。そんなことができるなら既にやっているはずです。しかし、自分で気が付いていない方法があるかもしれません。

 

借金問題を解決するためには繰上返済がお勧めであることは先ほど述べた通りですが、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

 

まず繰上返済をするための資金作りが大切です。

 

借金問題の根本的な原因は、利率の高い借金をしていることにありますから、もっと安い金利で借りることができれば、それだけで問題が解決することがあります。

 

職場の福利厚生制度で借入ができるのであれば金利はもっと安いはずです。

 

親や兄弟に頼んでお金を借りることも一つの方法でしょう。

 

利息の支払額が安くなるだけで返済がスムーズに進むのです。

 

不要資産を売って資金を作ろう

 

別の方法もあります。自分の部屋を見渡してください。使っていない不要資産はないでしょうか。

 

ずっと着たり履いたりしていない服や靴はありませんか?ブランド物であればそれなりの値段で売れるでしょう。

 

そんな売却代金を繰上返済の資金としてもいいのです。部屋の中もすっきりします。

 

基本中のキホン 節約をしよう

 

収入と支出を見直して節約

 

このようにして借金の元本を減らしたり、低利率のローンに借り換えたりすることで利息支払額は減ります。

 

しかし、それで完済できなければ借金返済は終わりません。

 

返済をするためには資金が必要ですが、また最低支払額だけ支払うのであれば事態は改善しません。

 

毎月の返済資金を節約することとで捻出する必要があります。

 

返済資金を増やそう

 

返済資金を増やす手段として節約の他に収入を増やすことも考えられます。

 

しかし、収入を増やすために副業をすることは問題が生じやすいです。

 

ご存知の通り、内職詐欺といった新手の詐欺もありますし、そもそも副業で満足に稼ぐことは簡単ではありません。

 

それより、確実に返済資金を捻出するためには、節約が一番確実です。

 

家計簿をつけていますか?

 

節約をするためには、まず無駄な支出がないか探す必要があります。

 

そのために必要なツールとして家計簿が挙げられるでしょう。

 

家計簿を付けなくても、クレジットカードの明細書や預金通帳でもいいです。

 

ここから自分の支出を見直してみて、無駄遣いがないか調べるのです。

 

保険などは重複していたり、多すぎて無駄だったりします。

 

また、利用していないのに支払い続けている有料放送の視聴料などもあるかもしれません。

 

法律による最後の手段として債務整理

 

法的な手段で解決するリスクは

 

このような手段を取ることで、借金自体を減らしたり、毎月の返済額を減らしたりすることができます。

 

しかし、これらの手段を取っても借金問題が解決しないこともあるでしょう。

 

このような際には無理せずに弁護士に債務整理を依頼することをお勧めします。

 

冒頭に述べたように借金の額は膨張し続けるため、借金問題は放置すると深刻化するだけです。

 

弁護士に相談しよう

 

弁護士に相談することに抵抗を覚える人もいらっしゃるでしょうが、債務整理は自分だけではできません。

 

弁護士に相談して、自分にとってベストの方法を探してもらうのです。

 

こうすることで借金問題を解決して新しい人生のスタートを切ることができます。

 

5年間は不便な生活を強いられます

 

ただし、債務整理には大きなデメリットがあります。

 

最低5年間は信用情報機関に登録され、事実上新規の借金やクレジットカードの申込ができなくなることです。

 

現金主義の生活に切り替えても、携帯電話の機種変更などで分割払いができないと言った不便さは残ります。

 

こんなデメリットがあることは知っておいた方がいいでしょう。

 

しかし、借金問題を解決できるメリットの方がもっと高いはずです。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。