債務整理 デメリット

債務整理とはどういうこと?

 

もう限界なのでなんとかしたい

 

借金返済が苦しくなり、支払ができなくなると債務整理を検討することになります。

 

借金の減額により現実的な返済額になりますが、メリットばかりではなく、デメリットもあります。

 

自己判断ではなく、債務整理を得意とする弁護士に相談することが必要です。

 

借金の額が多くなりすぎると返済をしても完済の見込みが立ちません。

 

こんな状態で返済を続けても意味がありませんし、債権者である消費者金融なども先のことがわからないため不安定要素が残ります。要するにお互い中途半端なんですね。

 

この状態を脱出する方法として債務整理が挙げられます。

 

両者の思惑が一致する条件で借用証の条件を変更するのです。

 

全額回収ができないなら、早めに回収して損失を最低限にしたいのも消費者金融の本音でしょう。

 

借金を減額して現実的な返済額にします

 

債務整理は借金を減額して現実的な返済スケジュールに変更します。

 

債務整理の方法はいろいろとありますが、多いパターンとしては債権者と債務者の負担がお互い少ない任意整理でしょう。

 

しかし、債務残額が大きくなりすぎると返済自体難しくなるため、裁判所が強制的に債権カットをする個人再生という方法を取ることもあります。

 

更に状況が悪化し、返済不能になれば債権を残しておいても意味がないため、自己破産という方法を選択することもあるでしょう。

 

交渉や法律上の手続が必要になることも

 

ただ、これらの方法は簡単にできるものではありません。

 

自己破産を除いた債務整理では交渉が必要になります。自分でこれをすることはとても困難なことです。

 

そのため、一般的に弁護士、それも債務整理を得意としている弁護士に依頼して法律手続をしてもらいます。

 

債務整理のメリットとは

 

債務整理のメリットを活かしたい

 

借金返済ができなくなった人にとって、債務整理は大きなメリットがあります。

 

今まで返済できなかった借金が減額され、毎月の返済額が減るのです。

 

そして、現実的な返済額に契約を変えることで人生再出発を果たすことも可能になります。

 

毎月の返済額を減らすことができます

 

債務整理の効果は債務負担を減らすことにあります。

 

特に民事再生や自己破産は借入残額を直接カットする手続なので、収入に比べて債務残額が大きくなりすぎた人に最適です。

 

これに対し、元本はカットしないものの、利息を減免する任意整理も、利率が高い消費者金融などのカードローンでは効果があります。

 

今まで利息しか返済できていなかった人がいきなり元本返済をできるようになるからです。

 

完済というゴールが見えます

 

債務整理をすることで完済というゴールが見えてきます。

 

自己破産であれば借金がすぐにゼロになりますし、民事再生であっても3年程度で完済できる規模まで借金が減ります。

 

しかも、民事再生なら大切なマイホームを守って債務整理をすることも可能です。

 

もちろん任意整理も3年程度で完済するスケジュールで元本だけ支払えるため、完済が見えてきます。

 

債務整理のデメリットとは

 

債務整理のデメリットは何がある

 

しかし、債務整理にもデメリットがあります。

 

信用情報機関に登録されます

 

まず、債務整理をすると信用情報機関に登録されます。

 

俗に「ブラックリスト」と言われる状態になるのです。

 

信用情報機関によっては任意整理ではブラックリストとしないこともあるようですが、信用情報機関は3つあるのでどこかでブラックリストとして登録されてしまいます。

 

この登録をいったん受けると5年から10年間は登録が抹消されません。

 

また、民事再生や自己破産をすると、官報に登録されます。

 

最近の官報はデジタル官報ですから、5年とか10年というレベルではなく、一生残ってしまうでしょう。

 

借金もクレジットカードもしばらくは利用不可

 

そして、信用情報機関にブラックリストとして登録されると、借金は当然のこと、クレジットカードも使えなくなります。

 

新規申込は当然のこと、クレジットカードの更新もできません。

 

更新の際に信用情報を確認しているためです。

 

専門家の意見で最適な方法を選択

 

最適な債務整理を選択する

 

債務整理にはメリットとデメリットがあります。

 

どちらかが効果が大きいかによって債務整理をするかしないか、又はどんな債務整理をするかが決まるでしょう。

 

債務整理の判断を自分でできないかと思われるかもしれませんが、現実的に無理でしょう。

 

自己判断は難しい

 

なぜなら、債務整理のメリットはよくわかっても、デメリットはわかりにくいからです。

 

例えば官報など誰も見ないからと自己破産をすると、官報掲載日から不審な人が多く来訪するようになり、怪しいダイレクトメールが大量に届きます。

 

詐欺師や闇金が自分の住所を見たのです

 

他の債務整理にもデメリットがきちんとあり、それによる不利益は甘んじて受ける必要がありますが、自分だけではわからないし対応もできません。

 

弁護士の無料相談はおすすめ

 

こんなことにならないように債務整理は債務整理を得意とする弁護士に依頼する必要があります。

 

債務整理を得意とする弁護士の初回相談は無料のことが多いです。

 

どうしようかと迷う前に一度相談してみませんか?

 

債務整理のメリットとデメリットが明らかになりますよ。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。