過払い金返還請求 メリット デメリット

過払い金が発生するしくみ

 

払い過ぎていた借金の利息

 

過払い金は本来支払う必要がない利息なので取り戻すことができれば取り戻したいですね。

 

でも、過払い金請求をすることによってデメリットが発生することもあります。メリットとデメリットがあるので自己判断は危険です。

 

借金問題は自分で解決しようと遠回りするよりも弁護士などの専門家に相談するのが結局早く解決するのです。

 

過払い金は支払い過ぎた利息のことを言います。現在では発生しない話ですが、昔は利息を制限する法律が2つあり、両者の境界線が不明確でした。

 

そのため、消費者金融などは高い利率である年利29.2%というハイレートで貸付をしていました。

 

しかし、この利率が高すぎると判決が出たため差額部分の返還請求ができるようになり、これを過払い金と言っているのです。

 

法定利率を超えると発生する

 

現在、消費者金融では10万円以上の貸付は年利18%、100万円以上であれば年利15%と法定利率を守って貸付をしています。

 

しかし、昔の利率を適用していた契約を引きずっていると、そのまま貸付をしていた例もありました。そんな場合は過払い金が発生します。

 

ただ、今では規制当局のチェックが厳しいためこのような事はほぼありません。

 

超えた部分は元本返済とみなされる

 

この過払い金は、利息の支払い過ぎということであり、繰上返済をしたことと同じ効果を持ちます。

 

利息のつもりで支払っていたのに、毎月元本返済をしていたのと同じであれば、返済スピードが速くなるのは当然です。

 

そして、完済済の人であれば不必要に支払っていたということになり、還付を受けることができます。

 

これを過払い金返還請求と一般的に言っているのです。

 

自分の借金にも過払い金がある?

 

引直計算で過払い金判明

 

過払い金が存在しているかどうかは、計算すればわかります。

 

債務整理を得意としている弁護士の事務所にはこの計算がすぐできるソフトがあるので、契約書や返済計画表があればすぐ計算が可能です。

 

昔のことなので資料がないかもしれませんが、過去に利用していた消費者金融などの名称がわかれば資料の取り寄せができます。

 

データがあれば過払い金の計算はできるので、資料不足だからとあきらめる必要はありません。

 

引き直し計算により正しい利息を計算

 

過払い金は正しい利息で再計算すること、いわゆる引き直し計算で金額が判明します。

 

現在の貸金業法で決まっている利率で計算するので、昔の29.2%という利率で計算していれば還付を受けることができるのは当然でしょう。

 

最近では少なくなりましたが、過払い金の請求が始まった頃は、消費者金融が倒産したり、銀行に身売りしたりした事例が多く発生しました。

 

お金が戻ってくることもある

 

過払い金部分を繰上返済したとみなして再計算すれば、完済までの期間も返済金額も少なくなるのは当然です。

 

当然支払過ぎていた金額が発生するため、お金が戻ってくることがあります。

 

過去には債務整理をお願いしたはずなのに過払い金があり、お金が返ってきたという笑い話があった程です。

 

過払い金のメリットとは

 

お金が戻ってくるのが最大のメリット

 

過払い金を請求することで過去に払い過ぎた返済額が還付されます。お金が返ってくることは過払い金の大きなメリットです。

 

しかも、この手続は債務整理ではありません。正当な返還請求なのです。

 

そのため、基本的に信用情報機関に登録されるようなことはありません。

 

利息が戻ってくる

 

消費者金融の利息が戻って来るとは考えにくい事ですが、これは過去に取り過ぎていた利息をきちんと清算しているだけのことです。

 

もちろん、過去に支払過ぎた金額は消費者金融などが「不当利得」していたことになるため、利息を付けて返してもらうことは当然です。

 

債務が減る

 

過払い金は繰上返済と同じ効果がありますから、現在消費者金融からお金を借りている人であれば債務を減らす効果があります。

 

そのため、借入金が多くて借金問題を抱えているような人にとってはずいぶんと心強い話ではないでしょうか。

 

過払い金のデメリットはあるのか

 

場合によってはブラックになる可能性

 

しかし、過払い金請求もメリットばかりでなく、デメリットが発生することがあります。過払い金を取り戻しても債務残額が残ると債務整理扱いになるかもしれません。

 

過払い金請求をすることで繰上返済と同じ効果が生じることは間違いありませんが、現在借入残額があり借金返済中の人は、残高が減るだけに過ぎません。

 

債務整理と同じくブラックリストに載る可能性も

 

しかし、このことは消費者金融側としては「契約変更」とも言えます。この「契約変更」にはいろいろと種類があります。

 

この場合は、債務整理の一つの形態である任意整理のように契約を変更したとみなされることがあります。

 

つまりブラックリスト扱いになる可能性があるのです。過払い金請求をする前に弁護士にしっかり確認する必要があるでしょう。

 

社内ブラックとなりかねない

 

過払い金請求をしても、既に債務を完済済であれば過払い金部分が戻ってくるだけで信用情報機関は関係ありません。

 

しかし、過払い金請求をした相手がどのような管理をしているかは別問題です。

 

実例として、過払い金請求をした消費者金融などのグループでクレジットカードの申込をしたら門前払いに遭ったということがあります。

 

つまり「社内ブラック」になる可能性は否定できません。

 

この社内ブラックは信用情報機関と違い、信販会社の内部情報なので外部から確認することはできません。

 

この点はちょっと知っておいた方がいいでしょう。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。