特定調停 メリット デメリット

特定調停のメリットについて

 

自分でするとやはり安上がり

 

特定調停は低コストで債務整理ができます。しかし、肝心な調停委員が専門家ではないことによるデメリットも無視できません。

 

メリットとデメッリトを比較すると、デメリットの方が大きい場合が多いです。プロの弁護士に任意整理を依頼した方が確実です。

 

特定調停を選ぶ最大のメリットは低コストであることでしょう。

 

裁判所に支払う手数料は印紙と切手です。

 

金額は決まっているので、金券ショップなどで安く買うことができれば、少額であれ更に安くすることができます。

 

弁護士に任意整理を頼むと1社5万円程度は必要です。

 

それに比べればバーゲンセールと言えるお得さが任意整理の魅力と言えます。

 

他の債務整理と比較すると!

 

では、任意整理の費用は一体いくらでしょうか。

 

簡易裁判所に提出する書類とともに印紙と郵送実費の切手を提出しますが、その合計はなんと1社920円です。

 

印紙が500円、切手が420円と格安でしょう。

 

1社5万円の弁護士と比べると、20分の1で済むのです。

 

簡易裁判所が主導

 

また、特定調停は簡易裁判所が主導します。

 

実際には簡易裁判所が選定した調停委員という人がやってくれますが、裁判所という名前を出すことができるので、それなりに効果があります。

 

特定調停をすると、自分が借入をしている消費者金融などに通知がされます。

 

通知をすると督促もストップしますし、返済も止めるように言われるのです。

 

法律に基づいて手続が進む安心感はあります。

 

特定調停のデメリットとは

 

自分でする手続きは大変

 

ただ、特定調停の調停委員は債務整理のプロではありません。

 

弁護士ではない、地元の「顔役」や「名士」であることもあります。

 

もめ事の解決はできても、お金の貸し借りの交渉は難しいでしょう。

 

このように「プロ」がやってくれるわけではない点は大きなデメリットです。

 

また、調停委員は中立的な立場なので、自分の味方になるとは限りません。

 

場合によっては相手の味方をしかねないこともあるのです。

 

調停委員という存在とは

 

では、簡易裁判所の調停委員はどのような人なのでしょうか。

 

調停委員には弁護士かもいますが、地元の名士の方が名誉職として就任していることもあります。

 

調停委員は隣の家とのもめ事などを解決することが求められているため、債務整理をしてもらうこと自体無理があります。

 

弁護士であっても、債務整理を得意としている人とは限りません。

 

債権者に相手にされないことも

 

消費者金融の中には調停委員が「素人」であることを知っていて、最初から相手にしないタチの悪い業者もいます。

 

任意整理の場合は、弁護士相手なので警戒感もあり、すんなりと応じるにもかかわらずです。

 

要するに「足元を見られている」わけです。

 

期待した結果が得られないことも

 

思っていた結果とは違う場合もあります

 

もっとも、どんな人が仲介してくれても、話がまとまれば問題はありません。

 

しかし、特定調停は債務整理を知っている人が仲介するわけではないですし、弁護士が任意整理をする時のような「画一された処理」がされるわけでもないです。

 

そのため、あまり結果は期待できません。

 

それどころか、消費者金融の味方をするような調停委員だと、自分に不利な結果になってしまうこともあります。

 

強制力を持つ和解内容

 

特定調停のり和解内容は強制力があります。

 

そのため、和解通り返済ができないと消費者金融側はいきなり給与差押などの強制執行ができてしまうのです。

 

このことは任意整理でも同じですが、強制力があるだけに確実に返済できるスケジュールになるように調整します。

 

そのため、任意整理の場合は返済できないといった問題は生じにくいのです。

 

これに対し、あまり返済能力のことを考えずに和解させてしまうため、後で返済不能になる可能性が高くなります。

 

自分の支払能力はなかなかわからないモノです。注意が必要でしょう。

 

専門家に依頼する任意整理との比較

 

専門家に依頼したら想像よりも楽

 

このように特定調停はメリットとデメリットがありますが、結果が見えないこともあり、あまりお勧めできません。

 

そのため、特定調停ではなく債務整理を得意とする弁護士による任意整理にした方がお勧めです。

 

ただ、債務整理を得意とする弁護士に相談する際は、最初から任意整理と決めつけることはやめた方がいいでしょう。

 

弁護士の判断で任意整理ではきついとされることもあります。この場合は、法的整理を勧められるでしょう。

 

費用に見合う任意整理

 

とはいえ、特定調停を考えるのであれば、最初から弁護士の無料相談を受けた方がいいことは言うまでありません。

 

最初から任意整理と決める必要はありませんが、弁護士に債務整理が必要かどうかを診断してもらい、必要であれば債務整理をすると言ったスタンスがお勧めです。

 

とはいえ、特定調停と任意整理とどちらが好ましいかといえば、当然任意整理であることは言うまでありません。

 

弁護士に相談して最適な選択

 

債務整理に関する法律相談はほとんどの事務所は無料で行っています。一部の地方の事務所などは借金問題の相談ほか法律相談は有料のところがあるようですから要注意です。

 

弁護士は法律で依頼者のために行動することが定められています。そのため、弁護士に任意整理を依頼すれば、自分のために弁護士は頑張ってくれます。

 

また、債務整理の経験が豊富であれば、どの債務整理がいいかもすぐに判断できるでしょう。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。